​​お金を増やすコツ

​​🌟お金を守ってお金を増やすコツ

​​大切なお金を守り増やしていくコツって何?

人生には様々な場面で、お金が必要になりますよね。

例えば・・・・・・

●子供が生まれた➡教育資金

●住宅を買いたい➡住宅ローン

●結婚したし子供が生まれた➡生命保険

●老後が不安➡資産形成・資産運用

などがあります。

だからこそ、大切なお金を守ってお金を増やしていくコツを知っておく必要があります。

では、私たちと一緒に順番に見ていきましょう🌻

 

​​保険の基本

​​保険にも目的が必要!

保険にも、目的が必要なんですよ。

「ただ、漠然と」ではなく、お客様ご自身の意思が大切なのです。

POINT1 

何の為に保障が必要ですか?

●死亡(遺族の生活費や、死後の整理資金)

​●老後の生活資金・介護・相続対策など

POINT2

保障が必要な時期は「いつから、いつまで」ですか?

●一生涯ですか?

●一定期間ですか?

あなたはどちらですか?

POINT3

保険料は掛け捨てタイプか貯蓄重視かどちらを希望していますか?

支払期間一生涯ですか?

支払期間一定期間ですか?

あなたはどちらですか?

POINT4

公的サービス(健康保険、遺族年金制度など)の情報は充分ですか?

🌻保険の目的によって保険の形も変わります。

また、保険料金は形(保障額×保障期間=面積)と、保険の契約年齢によって

変わります。

 

​​教育資金は幾ら必要?

​​教育資金の積立てのコツ

🌟進学先別の教育資金

文部科学省と日本学生機構が2018年度進学先別の教育費の調査結果を公表しました。

※文科省は2019年12月公表、日本学生支援機構は2020年6月公表しました。

このデータは、学校に支払う費用(入学金、授業料、教育費、修学旅行費、学級費、PTA会費、文具代など)だけでなく通学費や塾や習い事の費用も含まれています。

また、大学進学の費用には東京地区の仕送り費として4年間で423万円を加算しています。

※東京私大教連調査(2020.4.3公表)私立大学新入生の家計負担調査2019年度のデータを基に4年分に換算。

自宅通学の場合は423万円程度少なくなります。

🌟進学コースで変わる教育費

子供には、できるだけ教育機会を与えたいし望むものはかなえてやりたい気持ちはありますが、どの進学コースを望む(あるいは親が勧める)のかによって大学卒業までの費用はずいぶん異なります。

例えば・・・・・・

●幼稚園から大学まで全て国公立の場合だと1,207万円かかります。

●幼稚園は私立、小学校、中学校は公立、高校は私立で、大学は私立大学の理系となると1,753万円かかります。

本データは2018年度データなので、無償化は反映されておりません。

大学進学が、一番にお金がかかりますので生まれてから高校卒業までの18年間で、しっかりと準備をすることが大切です。

🌟大学進学時に必要なお金

因みに、東京私大教連(東京地区私立大学教職員組合連合会)が2019年4月に入学した新入生の教育費用のアンケート結果を2020年4月3日に公表しました。

●幼稚園~大学(理系)が、全て私立の場合ですと2,795万円かかります。

※注意※

2019年10月の消費税増税に伴い幼児教育無償化が開始されました。

医学部や薬科大を含む東京地区の私立大学14大学の新入生の父母へのアンケート調査4,396件の回答結果は、

◆受験から入学までの平均入学費用は220万円で前年よりも0.7%増えました。

◆親の仕送りが79.3万円(4月~12月)で、前年よりも1.5%増加しました(年間では105.7万円と推定されます)。

◆アパート代は、月6.3万円で前年比1.0%増加。

6月以降の平均仕送り額は8.5万円(前年比2.6%増)で、アパート代を引くと生活費には2.2万円しか回せれません。

※1日あたりの平均額は730円!

◆学生のアルバイトや奨学金、あるいは教育ローンに頼らざるをえません。

◆奨学金の受給率は49%で自宅外通学する子供のために、親が入学費用のために教育ローンを借りたのは21%で平均223万円と、6年連続で200万円を超えました。

仕送りも含めた入学初年度の費用が年収を占める比率は32%もあり、家計への負担がとても重いため高校授業料の無償化政策のように大学進学にも直接助成制度の制定が望まれています。

2016年度の国の大学への財政支出については、学生1人当たり国立大学へは202万円に対し私立大学へは僅か16万円…。

あまりにも格差が大きすぎます。

◆国は、2020年から住民税非課税世帯とそれに準ずる世帯(概ね年収が380万円以下)で、一定の学業成績以上の学生に対し授業料や入学金の減免制度を開始し、また2018年度から返済不要の給付型奨学金を始めました。

しかし、対象者や自宅外通学者の学費や仕送り費用から見れば不十分。

世帯年収の上限を上げることで対象世帯を増やす一方で、学業成績の条件も厳しくすることで平均的な所得層でも学業が優秀であれば給付金を受けられるような制度にしてもらいたいと思います。

親世帯は住宅ローンに加え教育ローンで生活が困窮し、子世帯は奨学金返済が重いため、住宅を買いたくても二の足を踏む方もいます。

🌟教育資金は高校3年までに準備

進学先別の教育資金のとおり、高校までは公立に通えば大きなお金はかかりません。

事前に、しっかりとした準備が必要なのが大学進学の費用です。

4年間で概ね1千万円必要となりますので、できれば半分の500万円を高校3年までに毎月コツコツ貯め、残り500万円は毎月の家計の中でやりくりできるのが理想です。

《教育資金の積立のポイント》

POINT1

目的に合った金融商品を選ぶ

●投資商品や外貨建て商品は、株式相場や為替相場の変動により、予定の資金に到達しないこともあります。


POINT2

親に万が一があっても、必要な教育を受けられるような商品を選ぶ。

●​貯蓄は好きなときに始めて、好きなときにやめられますが、親に万が一があれば貯蓄はそこでストップ。

教育に必要な資金が貯まっていないこともあります。

親に万が一の時の保障に加え、貯蓄機能もある商品をご検討されてみては如何でしょうか?

 

​資産運用のコツ

「投機」ではなく「投資」を実践しましょう!

●「投機」とは、

機を見てお金を投じることです。

つまり、価格の上昇・下降のタイミングを見て売買することで、価格の変動幅で儲けようとすること。

●「投資」とは、

本来、持っている素質にお金を投じること。つまり、対象となる素質が良くて、それが、価値を生み出さなければ儲けは出ません。

どちらかと言えば、投機は短期で儲け、投資は長期で儲けるものです。

🌟賢い投資方法

POINT1

値動きの異なるものに分散投資しましょう!

株式、債券、不動産、商品(原油、穀物、貴金属など)など

​●値動きが同じになると、ハイリスク・ハイリターンになる可能性大。

●値動きが異なれば、一方は下落していても、一方は上昇していることもあります。

POINT2

日本と海外に分散投資しましょう!

●日本と言う限られた市場だけではなく、世界に向かって投資。

世界には、成長著しい国もあれば、同じ先進国でも、日本は不況でも外国では好況のときもあります。

POINT3

投資する時期を分散しましょう!

●まとまったお金を一度に投資した後に、価格が下がることがあります。

復活するには時間がかかることもしばしばです。

●一定期間ごとに、一定金額ずつ少しずつ投資することで、価格のアップ・ダウンのリスクを軽減することができます。(ドルコスト平均法)

●世界に投資するということは、言うなれば世界の経済成長に投資することになります。

POINT4

福利の商品を選びましょう!

●利息が利息を生み出すのが福利。

お金が雪だるま式に増えていきます。

POINT5

時間を有効に使いましょう!

●投資の世界では、時間は皆さんに平等に与えられています。

早く投資を始めれば、お金の増え方に大きな差が生まれます。

POINT6

課税が繰り延べられる金融商品を選びましょう!

●投資の利益には原則、税金がかかります。

●その課税が繰り延べられると、税金分は再投資に回せてお金が増えていきます。

POINT7

インフレ(物価上昇)に勝てる金融商品を選びましょう!

​●インフレが起きると、お金の価値が減ってしまいます。

今、100万円で買えるのも、年2%の物価上昇が起きると、30年後には180万円出さないと同じものは買えません。

●長期投資では、インフレに強い金融商品を選びましょう。

POINT8

非常時に、マネーにシフト可能な金融商品を選びましょう!

●金融危機、経済危機が起きると株も債券も暴落することもあります。

🌟資産運用のコツ

経済は生き物であり、景気の良いときも悪いときもあります。

​そうした、景気の波を乗り越えて一喜一憂せず、じっくりと時間をかけてお金に働いて貰うことが大切なのです。

こんな時こそ、一時的に株や債券から資金を引き上げてマネー(現金)に簡単に、かつコストもあまりかけず移動できる金融商品を選びましょう。

​●一部の金融商品には、株、債券、マネーに分散投資できて、資金シフトも自由にできるタイプがあります。

 

​​資産の寿命

​​貯めたお金は何年持ちますか?

●金融庁が2019年6月3日に発表した金融審議会市場ワーキング・グループ報告書から始まった老後に2,000万円必要問題(報告書の内容は非常に真面目です)
●こんな事はずっと前から分かっていたはずですが、メディアが報告書の一部をセンセーショナルに報じた為、大きな問題となってしまいました。
●そもそも年金だけで暮らせる人なんてごく一部の方。
夫婦共働きでずっと厚生年金に入り続けた人ならば、夫婦二人で30万円程度貰える可能性もあり何とか暮らせます。
それでも、車を買ったり自宅の修繕があったりしたら貯蓄が必要です。
今回の老後に2千万円必要問題にしても、こうした一時的な出費は含まれていない(平均値には含まれてますが、金額としては僅かです)。
そこで、一生懸命に貯めたお金を毎月取り崩すことで何年もつのか『資産寿命』を試算してみました。
仮に、65歳から2千万円を毎月5万円取り崩すと33年=98歳まで資金は持つことを意味します。
そして、貯めたお金を運用しながら取り崩す事で、どの程度の資産寿命が延びるのかも知っておくことが重要。
1千万円貯めて、これを5%で運用しながら毎月5万円取り崩せば34.6年持ちますが、1%では18.3年でつきます。
ほぼ利息が付かない貯金では17年弱(0%)で終了します。
実際には、運用益には20%もの税金がかかるしインフレリスクもあるのでお金の価値は減っていきます。
表面上の利回りだけでなく税金とインフレを踏まえた実質の利回りで、何年持つのかを考えることが大切です。

 

​住宅ローンのポイント

​​住宅ローン変動金利と固定金利の特徴

🌟変動金利と固定金利の特徴

変動金利型

日銀の政策金利に連動(現在;0.0~0.1%)

※0金利の解除・・・消費者物価が2%になったとき。

半年毎に金利が見直される。

但し、返済額としては5年間不変。

●5年後に返済額が見直されても当初の1.25倍が返済額の上限となる。

●金利にキャップ(限度)が付く場合もある。

<注意点>

●固定金利は変動金利よりも先に動く傾向。

「金利が上がり始めたら、変動➡固定切り替え」はタイミングが難しい。

●将来金利が上昇しても返済できるか要チェック。

●5年間返済額は変わらなくても、金利上昇時は返済額の内訳が変わる。

利息支払部分が増え元本返済が減る

⇒返済が進まない、未払利息も。

固定金利型

新発の10年もの国債の市場金利(長期金利)に連動

※10年長期金利・・・10年後の変動金利の予想値とも言われている。

3年・5年・7年・10年・15年・・・35年などの固定期間において借入時の金利が適用され変わらない(フラット35Sは段階金利)。

◎返済額が決まっているため、返済計画が立てやすく家計管理がしやすい。

<注意点>

●全期間固定でない場合は、固定期間終了後に金利上昇し返済額が増える場合がある(変動金利と同じリスク)。

※変動金利と固定金利の動き方は、同一ではありません。

​それぞれの金利が、どんな指標を基準に動いていくのか確認しましょう。

🌟元利均等返済払いと元金均等返済払い

①元利均等返済払いについて

【メリット】

●返済額が一定のため、返済計画がたてやすい。

●元金均等返済に比べ、当初の返済額が少ない。

【デメリット】

●同じ返済期間では、元金均等返済よりも総返済額が多い。

●借入金残高の減り方が遅くなる。

②元金均等返済払いについて

【メリット】

●返済額は、返済が進むにつれて少なくなる。

●同じ返済期間では、元利均等返済払いより総返済額は少ない。

【デメリット】

●当初の返済負担が重たく、融資に必要な月収も高くなる。

🌟融資の条件

金融機関の融資の条件

●金融機関によって異なるが、住宅取得費用の80%~90%以下で融資。

尚、100%融資の場合もあるが、金利が高くなる傾向。

●年収の30%~35%以下の返済額で融資。

金利4%程度で、返済額を試算し上記の返済比率に入るか審査することが多い(民間ローンの場合)。

※但し住宅ローン以外の融資も含めて計算。

マイカーローン等の融資がある場合、年収要件に抵触し住宅ローンの融資を受けれない場合があるので注意!

●勤務年数や転職歴、勤務先の状況はもとより、クレジットカードのキャッシング枠やクレジットカードの枚数なども審査対象となることが多い。

​●団体信用生命保険への加入が必須。(但し、フラット35の場合は加入は任意です)

 

フラット35の金利

​​フラット35の金利水準​

​​🌟2020年7月融資のフラット35の金利(融資比率9割以下)

●返済期間が20年以下

1.23%~1.99%

●返済期間が21年以上35年以下

1.30%~2.06%

そもそも、住宅ローンの固定金利は新規発行の10年もの国債の金利水準を参考に決められます。

2018年夏以降、日本銀行の長期金利の誘導目標が+0.2%まで容認されたため上がりましたが、2018年12月以降景気悪化懸念から低下し、2019年2月以降は、マイナスを継続したものの9月から上昇に転じました。

2020年は、中国発の新型コロナウイルスの世界的な拡がりから経済への影響が憂慮され、株が売られ債券が買われ、金利は再びマイナスになりました。

2月には、感染拡大による経済への悪影響が現実となり金利は更に低下し3月9日に-0.165%まで低下しましたが、欧米のロックダウンや経済停滞から、安全資産である現金需要から債券売りとなり、金利は上昇し3月下旬にはプラスに転換。

4月以降は、欧米のコロナ感染の拡大化と各国の経済対策や治療薬の治験の進展などから株価が上昇、金利もプラスの日が続くこともあり、5月以降はほぼ0%で推移しています。

また、日本の長期金利はアメリカの金利に連動する動きもありますので国債金利の動きに注意しましょう。

※フラット35の金利については、2017年10月以降、団体信用生命保険料込みの金利へ変更された為、以前より0.28%高くなっています。

◎フラット35に付随する団体信用保険の保障内容は、一般金融機関の団信保障内容が「死亡・高度障害」時に支払いですが、フラット35は「死亡・身体障害(身障者手帳2級以上)時に支払いとなっているので一般金融機関の団信よりも保障範囲が拡大されています。

◎健康状態が厳しいため団体信用生命保険に加入できない場合、基準金利より0.2%低い金利で融資を受けられます。

因みに、第二次安倍政権が発足した2013年~2016年は2%を超えた月が僅かで、1年間の最高金利と最低金利の利幅は0.34%程度、2017年~2020年は長期金利の変動幅が0.2%程度のため、フラット35の金利変動幅も0.11%と低くとなっていて、金融緩和によって抑制された動きが続いています。

※2018年7月末日に日銀が「長期金利の水準は0%を目標とするが、+-0.2%程度の動きを容認と発表をし、今までより0.1%上昇する可能性がでました。

3千万円を35年間で借りた場合、0.1%の金利上昇は60万円の利息増加となります。

フラット35は、借り換えが可能ですので、もし金利が高い月に借りてその後、金利が下がったら事務手数料や登記費用などの諸費用も含め、借り換えを検討しましょう。

 
HEARTおかやま

お申込みとお問い合せ先

🌟此方のページからでもご相談の受付けは可能です

🌟初回の相談料は無料です

マネースクールのお申込みの入力について、入力がうまくいかない場合は、下記の内容をご記入のうえ、お手数ではございますが、HEART♡おかやまのアドレス先が下記に記載がありますので、そちらからお申込み下さい。

又、ご相談なども受け付けております。

その際は、HEART♡おかやまのアドレス先が下記に記載がありますので、そちらからお気軽にご連絡ください。

​🌻電話受付時間 AM9:00~PM21:00

〒700-0901 岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル4F

086-800-1391

 

086-800-1391

086-800-1301

〒700-0901 岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル4F

  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

©2019 by HEART♡おかやま. Proudly created with Wix.com