教育資金 画像_edited.jpg
 

🌟教育資金は幾ら必要?

🌻教育資金の積立てのコツ

🌟コースで違う教育費

どんな進学コースを選択するのかによって、教育費の金額が大きく変わってきます。

最近は、様々なコースが用意されていますが、お子さんが小さい内から、この子は、この道なんだと決めるのは、一般的には困難ですから、平均値などを参考にして、予め、我が家はこれ位が妥当だなと概算しておくと良いでしょう。

​💎参考、各進学コースの料金形態

  • オール公立:1,208万円

  • 大学から私立:1,371万円

  • 高校から私立:1,568万円

  • オール私立医科系:4,966万円

  • 国公立大学4年間:505万円

  • 私立大学4年間:675万円

🌟大学は私立か?

一般的に、高校までは公立で、大学は念の為に私立で考えておくかという家庭が多いと思います。
その場合の、教育費の総額は、1,371万円です。
もし、オール私立で医科系に通った場合は、総額でなんと、4,966万円にもなります。
コースによって大きく差が出てきますが、明確な進路が解らない場合は、まずは、大学から私立で想定をしておきましょう。

🌟教育資金は高校3年までに準備を

進学先別の教育資金のとおり、高校までは公立に通えば大きなお金はかかりません。

事前に、しっかりとした準備が必要なのが大学進学の費用です。

4年間で概ね1千万円必要となりますので、できれば半分の500万円を高校3年までに毎月コツコツ貯め、残り500万円は毎月の家計の中でやりくりできるのが理想です。

《教育資金の積立のポイント》

🎵POINT1

目的に合った金融商品を選ぶこと

●投資商品や外貨建て商品は、株式相場や為替相場の変動により、予定の資金に到達しないこともあります。


🎵POINT2

親に万が一があっても、子どもが必要な教育を受けられるような商品を選ぶこと

●​貯蓄は好きなときに始めて、好きなときにやめられますが、親に万が一があれば貯蓄はそこでストップ。

教育に必要な資金が貯まっていないこともあります。

●親に万が一の時の保障に加え、貯蓄機能もある商品をご検討されてみては如何でしょうか?

 
住宅lawn_edited.jpg
 

🌟住宅ローンのポイント

🌻住宅ローン変動金利と固定金利の特徴

🌟変動金利と固定金利の特徴について

変動金利型とは

日銀の政策金利に連動(現在:0.0~0.1%)します。

※0金利の解除とは・・・消費者物価が2%になったときです。

半年毎に金利が見直されます。

但し、返済額としては5年間不変です。

●5年後に返済額が見直されても当初の1.25倍が返済額の上限となります。

●金利にキャップ(限度)が付く場合もあります。

<注意点>

固定金利は変動金利よりも先に動く傾向。

「金利が上がり始めたら、変動➡固定切り替え」はタイミングが難しいです。

将来金利が上昇しても返済できるか要チェックする

5年間返済額は変わらなくても、金利上昇時は返済額の内訳が変わります。

利息支払部分が増え元本返済が減る⇒返済が進まない、未払利息も。

固定金利型とは

新発の10年もの国債の市場金利(長期金利)に連動します。

※10年長期金利とは・・・10年後の変動金利の予想値とも言われています。

3年・5年・7年・10年・15年とは・・・35年などの固定期間において、借入時の金利が適用され変わりません(フラット35Sは段階金利)。

◎返済額が決まっているため、返済計画が立てやすく家計管理がしやすいです。

<注意点>

全期間固定でない場合は、固定期間終了後に金利上昇し、返済額が増える場合があります(変動金利と同じリスク)

※変動金利と固定金利の動き方は、同一ではないです。

​それぞれの金利が、どんな指標を基準に動いていくのかを確認しましょう。

🌟元利均等返済払いと元金均等返済払いについて

①元利均等返済払いについて

【メリット】

●返済額が一定のため、返済計画がたてやすいです。

●元金均等返済に比べ、当初の返済額が少ないです。

【デメリット】

●同じ返済期間では、元金均等返済よりも総返済額が多いです。

●借入金残高の減り方が遅くなります。

②元金均等返済払いについて

【メリット】

●返済額は、返済が進むにつれて少なくなります。

●同じ返済期間では、元利均等返済払いより総返済額は少ないです。

【デメリット】

●当初の返済負担が重たく、融資に必要な月収も高くなります。

 
フラット35画像_edited.jpg
 

🌟フラット35の金利

🌻フラット35の金利水準​

🌟2022年7月現在のフラット35金利情報です。

返済期間が15年~20年の場合

金利の範囲は、年1.38%~年2.64%です。

最頻金利は、年1.38%です。

返済期間が21年~35年の場合

金利の範囲は、年1.51%~年2.77%です。

最頻金利は、年1.51%です。

そもそも、住宅ローンの固定金利は、新規発行の10年もの国債の金利水準を参考に決められています。

2018年夏以降に、日本銀行の長期金利の誘導目標が、+0.2%まで容認されたため上がりましたが、2018年12月以降に景気悪化懸念から低下をして、2019年2月以降は、マイナスを継続したものの、9月から上昇に転じました。

日本の長期金利は、アメリカの金利に連動する動きもありますので、国債金利の動きに注意をしましょう。​

※なお、フラット35の金利については、2017年10月以降に団体信用生命保険料込みの、金利へ変更されたため以前よりも0.28%高くなっています。

◎フラット35に付随する、団体信用保険の保障内容については、一般金融機関の団信保障内容が「死亡・高度障害」時に支払いをするのに対し、フラット35の団信保障内容は「死亡・身体障害(身障者手帳2級以上)」時に支払いとなっています。

なので、一般金融機関の団信よりも、フラット35の団信の方が、保障の範囲が拡大されております。

◎健康状態が厳しいため、団体信用生命保険に加入ができない場合は、基準金利よりも、0.2%低い金利で融資を受けられます。

因みに、第二次安倍政権が発足した2013年~2016年は、2%を超えた月が僅かでした。

当時1年間の最高金利と最低金利の利幅は、0.34%程度でした。

また、2017年~2020年は、長期金利の変動幅が、0.2%程度だった為に、それによってフラット35の金利変動幅も、0.11%と低くなってしまいました。

その後、金融緩和によって抑制された動きが続きました。

※しかし、2018年7月に、日銀が「長期金利の水準は、0%を目標とするが、+-0.2%程度の動きを容認する」と発表をして、今までよりも0.1%上昇する可能性がでました。

例えば、3千万円を35年間で借りた場合は、0.1%の金利上昇は60万円の利息増加となります。

フラット35は、借り換えが可能ですので、例えば金利が高い月に借りて、その後、金利が下がったら事務手数料や登記費用などの諸費用も含め、借り換えを検討しましょう。

🌟『家計の見直し住宅ローンなどといった、お金に関する悩みは、私たちFP事務所 HEART♡おかやまにお任せ下さい!』

FP事務所 HEART♡おかやまでは、住宅購入に関する相談も、受け付けています。
スタッフの活動範囲は、岡山県全域のみならず、全国対応をしています。
この機会に、私たちと住宅購入に関する不安や、住宅ローン、家計など様々なお金に関する不安を、一緒に解消しましょう。

 
HEARTおかやま

お申込みとお問い合せ先

🌟此方のページからでもご相談の受付けは可能です

家計についてのご相談や、マネースクールのお申込みの入力について、入力がうまくいかない場合は、下記の内容をご記入のうえ、お手数ではございますが、FP事務所HEART おかやまのアドレス先が、下記に記載がありますので、そちらからお申込み下さい。​

又、オンラインでのご相談なども受け付けております。


その際は、FP事務所HEART おかやまのアドレス先が下記に記載がありますので、そちらからお気軽にご連絡ください。​

​🌻電話受付時間 AM9:00~PM21:00

なお、携帯電話での対応も可能ですのお気軽にご連絡ください。

🌻​090-2804-6404

〒700-0901 岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル4F

086-800-1391

送信が完了しました。