検索
  • HEART♡おかやま

ライフプランの必要性って何?

更新日:2021年12月30日




ライフプラン…。


直訳をすると人生設計という意味です。


皆さんは、具体的な人生設計について、考えたことはありますか?


私たちの人生には、就職や転職、結婚、出産、育児や住宅の購入、そして、定年退職などなどなど…、人生には、さまざまな、ターニングポイントがあります。


そして、その多くの場合は、個々に自分のその後の人生について考えると思います。


今回は、私たちと一緒に、ライフプランの必要性について、考えてみましょう。



まず、ご自身の人生について、考えることはとても重要なことです。


明確なライフプランを持つことで、有意義な人生を送ることも可能だからです。


だからこそ、ライフプランを、考えることは必要です。


ただ、いきなりライフプランを決めても、そう簡単に人生の設計をすることはできません。


そこで、ライフプランを決める前に、ライフデザインを描く必要があります。


ライフデザインとは、自分の生き方を決めるということです。





どういった仕事をしていきたいのか?

結婚はするのかしないのか?

子どもはつくるのか?

子どもはつくらないのか?

何歳で家を購入するのか?

ずっと賃貸に住み続けるのか?といった、夢や目標を決めることが、ライフデザインなのです。





ライフデザインが見えてくれば、それを実現するために、どうするのかという具体的な生き方や、ライフプランも自ずと決まってきます。


どういう夢なのか、どういうふうに生きていきたいのか、といった思いがなければ、明確なライフプランを作ることもできません。


なぜなら、夢や目標がなければ稼いだお金の使い道を、決めることもできないからです。


そういった意味では、ライフデザインを描くということは、ライフプランを作る際の、準備として、必ずやっておくべきなんです。


これから先の人生をどう生きていくのか、これを決めることって、ある程度の年齢であれば、当たり前と思うかもしれない…。


だけど、若いときはスキルを磨きたいし、役職(ポジション)を目指したいといった、キャリアプランはあっても、人生設計について具体的に考えている人は少ない…。


明確なライフプランを持たず、ただ、漠然と過ごしていけば、あっという間に後戻りのできない、年齢になってしまいます。


そうなったとき、ライフデザインを描いても、そのライフデザインをもとに、実現・実行をするのは、大変難しい場合があります。


ライフプランニングやライフデザインの必要性って、以前にも増して高くなっています。


その理由は次の通りです。





●終身雇用が当たり前でなくなったこと。

ひと昔は、多くの企業では、終身雇用が当たり前で賃金も年功序列型で、常に上がり続けていたけど、現在は、終身雇用を行う企業は減少し、非正規社員も、年々増加の一途をたどっています。

そして、賃金制度は、欧米型の成果主義を取り入れる、企業が増えるなど、雇用環境や賃金制度の変化によって、会社に頼らない人生設計が求められるようになっています。



●公的年金制度に対する不安が増加していること。

少子高齢化が進む日本で、以前のように定年後は年金だけで、悠々自適に暮らすといったことは、非常に難しいです。

そのために、第二の人生を有意義に過ごすには、自分でお金を準備をしておかなくては大きな不安が残ります。



●結婚をしない選択をする人が増えていること。

ひと昔は、就職して結婚、子供ができて家を購入し、という流れが主流でしたが、現在は、結婚をしない生き方を選択する人も少なくないです。

生き方の選択肢が増えたともいえますが、それだけ、自分自身でなんとかしなくてはいけない。

責任も同時に増えているといえますね。



●ライフサイクルに大きな変化が起こっていること。

初婚の年齢は以前に比べ高くなっています。

平均寿命も年々延びているなど、ライフサイクルは、ここ50年で大きく変化をしています。

そのため、これまでの、老後のライフプランは参考にならず、新たに自分なりの、ライフプランを考える必要が出てきています。

ライフプランを作るうえで考えなければならないのは、ライフイベントなのです。




人生には、結婚や出産・育児、住宅購入や定年退職という、大きなライフイベントがあります。






これらのイベントは、結婚資金、子供の教育資金、住宅購入資金、老後の生活資金などと、どれも数千万円の資金が必要なため、このイベントにかかる資金を考慮した、ライフプラン設計が求められます。


確かに、結婚をしない人も増えているため、全ての人に、このライフイベントが、あるわけではないのです。



だからといって、無計画で良いということにはなりません。



社会情勢の変化、将来への不安が大きい今だからこそ、自分で描いたライフデザインを実現させるため、しっかりとした、ライフプランを作って、老後も安心して暮らしていけるように、考えていくことが必要になっているのです。




閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示