検索
  • HEART♡おかやま

リバースモーゲージとリースバックについて





まず、リバースモーゲージとは、自宅に住み続けながら、その自宅を担保にして老後資金を借りることができるというサービスです。

次に、リースバックとは、住んでいる自宅を売却し売却後は、買主から賃借することで、自宅に住み続けることができるサービスのことです。

なんだか、頭がこんがらがって来ましたね。




要は、老後資金が無く、自宅だけが財産だという方が、利用をすべき制度なんだと解って頂ければ幸いです。




リバースモーゲージのメリットとは

➀毎月の支払いは、利息のみなので、老後生活中の支出を減らすことができます(通常の住宅ローンは、毎月の返済が元金+利息です)。


②元金の返済は、借入人が死亡した際に現金一括、または、自宅の売却のいずれかを選べます(借入人の、生存中に繰上返済することも可能です)。


③住宅や、土地を担保にして自宅に住み続けながら、老後資金の借入れができます。


④借入人が、死亡した場合は、配偶者が、契約を引き継げるようにしている金融機関が多いため、配偶者の居住に関するリスクを回避できます。


⑤退職金や預貯金などの、まとまった資金を残しておくことで、居住環境を確保しながら、老後資金の減少を遅らせることができます。




リバースモーゲージのデメリットとは

①長生きすればするほど、最初に設定された融資限度額まで、資金を使ってしまうリスクがあります(借入期間は、一般的に借入人の、死亡時までの期間です)。


②生存中に土地・建物の価値が下落すれば、融資限度額の見直しがされるリスクがあります。


③変動金利のみのため、金利変動リスクがあります。




リースバックのメリット

①売却後も、住み慣れた家に住めます ⇨ それは、安心です。


②所有していることのリスクがなくなります ⇨ 固定資産税・都市計画税や修繕費等の負担がなくなります。


③現金化まで時間がかからないです。 ⇨ 善は急げです。


④借金をせずに老後の資金や事業資金を調達できます ⇨ 最大のメリットです。


⑤ローン返済が不安定な場合の打開策にもなります。 ⇨ 買取価格>ローン返済額であれば、そうです。


⑥将来、売却した家を買い戻すことができる場合もあります。 ⇨ なかなか難しいとは思いますが、予期せぬ、相続や贈与があれば実現可能かもしれないですね。


⑦生活保護の申請が可能となります。 ⇨ 考えたくないですが、最後のセーフティーネットです。




リースバックのデメリットとは

①売却価格が、一般相場よりも安くなる可能性があります。 ⇨ 結構あるみたいですよ。


②所有する資産ではなくなります。 ⇨ リースバック後の賃料が高く、賃料の支払い継続が困難になった。


③家賃が発生します。 ⇨ 家賃の値上げもあり得ます。


④売却金額が、ローンを下回る場合は利用できないです。⇨ 意味が無いですね。


⑤将来、ずっと住み続けられるとは限らないです。 ⇨ 賃貸借契約の更新を拒否され、退去することになることもあります。

以上、といった感じになります。




どちらも一長一短、帯に短し襷に長し、という感じでしょうか?




40代から60代の、リタイヤメントプランにお悩みの場合は、検討する価値はこのように様々とあります。

まぁ、単純に自宅等を売却して、より便利な場所の、賃貸物件に住むのもありなのかなと個人的には思います。





今日の記事はここまでとなります。


次回は別のお話をかきますので、乞うご期待です!!


今後とも何卒よろしくお願い致します。







閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示