人生100年時代_edited.jpg
 

​​🌟お財布も未来もHAPPYに

保険や投資信託などの金融商品を販売しない完全独立系FP事務所です。

​​🎵FP事務所HEARTおかやまの紹介

​​🌻独立系のファイナンシャルプランナー( FP)ですが、決して商品を売ることはありません

イマもミライも自分らしくありたい。
そんな、あなたへライフプランでつくる人生とお金のデザイン。

ようこそ、FP事務所HEARTおかやまへ。
自分らしく生きること。

家族の笑顔を守ること。
あなたが、今人生で大切にしたいものはなんですか?
お金は、人生をデザインするツールのひとつです。
日々の暮らしと向き合うように、お金と向き合ってみませんか?
私たちファイナンシャルプランナー(FP)は、商品を売るための相談ではなくて、あなたが知りたいこと、聞きたいことに、きちんと向き合って安心して頂きお金に困らない人生が迎えられるようにお手伝いを致します。

🎵シングルの方

🌻お金クリエイターとして、お金の増やす方法を教えます

Q:お金の相談をしたいけど勧誘されるのはちょっとなぁ…
A:FP事務所HEARTおかやまでは、金融商品の販売や勧誘はしていないので、ご安心して相談して下さい。
Q:お金のこと、何から手をつければ良いのか、全くわからないです。
A: 「自分のお金」について知るところから、しっかりとサポートをして今取り組むべきことをわかりやすくお伝えします。
Q:独身でも保険に入ったほうが良いですか?
A:人にもよりますが、公的保障や企業保障など既にある保障を踏まえて、無駄のない保険の入り方をアドバイスをします。
Q:投資をしたいけど何から始めれば良いですか?
A:家計の現状や、勤務先の退職金制度などを踏まえて、あなたに合った投資のスタイルをアドバイスします。

🎵カップルの方

🌻お金クリエイターとして、お金の増やす方法を教えます

Q:共働きで家計管理が上手にできません。
A:世帯全体のお金を「見える化」し、管理しやすいお金の流れと、お金が貯まる仕組みをご提案します。
Q:貯金に幾らの額を回せば良いのかわかりません。
A:なんの為に幾らの額を準備すべきなのか、具体的な目標と計画で、あなたのモチベーションをアップします。
Q:賃貸より家を買った方が得ですか?
A:賃貸VS持ち家で答えを出すのではなくて、ライフプラン全体を「見える化」して検証しましょう。
Q:老後のために保険は入った方が良いですか?
A:売り手の言葉だけで、商品内容をちゃんと理解できていますか? 最大の財産である、時間を有効活用するために、FPと一緒に正しい知識を身につけましょう。

🎵ファミリーの方

🌻お金クリエイターとして、お金の増やす方法を教えます

Q:子どもの教育費が、どの位の金額がかかるのか解らずに不安です。
A:FP事務所HEARTおかやまでは、実際に子育てしてきた経験も踏まえて、具体的な準備の仕方をアドバイスしており、アドバイス通りで計画的に備えていけば、安心をして子育てができますよ。
Q:幾ら位の物件なら家を買っても大丈夫ですか?
A: 住宅購入は、その後の家計に大きな影響を与えます。
ライフプランの相談で、人生全体のお金を「見える化」してからチェックをしましょう。 
Q:住宅、教育、老後…といった先々の将来の見通しができず不安です。
A:人生の三大支出が、家計に与える影響は、各家庭で異なります。
ライフプランの相談で未来の家計を「見える化」して、わが家の傾向と対策をいち早くチェックしましょう。
Q:保険料が家計の負担になっています。どうしたら良いですか?
A: 保険の目的や保障内容、コストは適正なのか、ミスマッチで家計を圧迫していないのか、ファイナンシャルプランナー(FP)と一緒に保険を整理して見直してみましょう。

​​🎵シニアの方

🌻お金クリエイターとして、お金の増やす方法を教えます

Q:老後のお金、幾らの額を準備すれば良いのか、わかりません。
A:家計の現状や年金見込み額、老後の生活スタイルなど、様々な要素を踏まえて準備すべき金額をファイナンシャルプランナー(FP)が一緒に導いていきます。
Q:銀行から退職金の運用を勧められたんですけど、どうすれば良いの?
A:運用する必要性、運用に回せるお金、運用スタイルなど、あなたに合ったやり方をファイナンシャルプランナー(FP)が一緒に考えます。
Q:昔から入っている保険、やめても良いですか?それともやめない方が良いですか?
A:保険の目的も必要な保障も、ライフステージによって変わっていきます。
ファイナンシャルプランナー(FP)と一緒に整理してみましょう。
Q:相続が気になるけど、何から手を付ければ良いのかわかりません。
A:相続が始まる前にやるべきこと、相続発生後にやらなければいけないことも、ちゃんとわかりやすくお伝えします。
また、必要に応じて弁護士・税理士・司法書士など専門家の先生方の紹介もできます。

​🎵リタイアメントプラン・ライフプランから、問題点やお金の使い方が見えてきます。

​​🌻簡単に家計の診断をしてみましょう。

あなたは、お金に困らない人生を送れますか?​

⇩  ⇩  ⇩

ライフプラン診断 (jafp.or.jp)

人生の色々な場面で必要になる、未来の支出が予測できれば、今、するべきことが明らかになり、心の負担は軽くなっていきます。
そして、生活の見通しなど立てながら、これから予想される、ライフイベントにかかるお金の試算をし、事前に対策を考えましょう。

お金に関するお得な情報や使える制度、上手な固定費の削減方法など、専門用語は使わずに、わかりやすくお伝えしながら、独立系ファイナンシャルプランナー(FP)として、あなたの夢や希望、理想や憧れを実現する、そんなマネープランをご提案いたします。

​​🎵FP事務所HEARTおかやまの特徴

🌻安心してお金と向き合うために

1:お客様のための相談を

保険や投資信託など金融商品の販売はしていません。

お客様の話にしっかり耳を傾け信頼できる情報と正しい知識で不安を安心に変える具体的な対策をご提案します。

2:難しいこともわかりやすく

大手金融機関の経理部で通算20年以上のキャリアを経て独立しました。

大企業から個人事業主まで、働き方によって異なる社会保険や税金の仕組みも、わかりやすく解説します。

3:経験者だから伝えられること

子育て、住宅購入、教育資金の準備、保険の見直し、住宅ローンの見直し、投資、介護、相続。

全て実際に経験してきました。

家計管理のプロとして、そのノウハウを惜しみなくお伝えします。

​​🎵お財布もミライもイマよりもっとHAPPYに。

🌻世の中の変化に応じて、常に新しい情報を取り入れています

漠然としたお金の不安。

見えないからこそ不安ですよね。
お金の情報は溢れるほどあるのに、自分の欲しい答えは見つからない。
そんなときこそ「自分のお金」と向き合ってみましょう。
不安を安心に変える方法を、FP事務所HEARTおかやまが、あなたと一緒になって考えていきます。
お金のことを正しく知って、賢くお金を備えておくことで、あなたのお財布もミライも、イマよりもっとHAPPYな暮らしに実現をしていきしましょう。

🎵代表者よりご挨拶(初回相談料5,000円以上の成果を出します)

🌻世の中の変化に応じ、常に、新しい情報を取り入れていますので、損はさせません

お金の「不安」を「安心」に変えよう

「家を買っても大丈夫?」
「子どもの教育費はどうやって準備したらいいの?」
「老後の備えはいくらあれば安心?」
このような漠然としたお金の不安も、数字で見える化にすることで、安心をつくる具体的な対策が見えていきます。
①現状を理解する(なるほど)

②具体的な対策を知る(こうすれば良いのね)

③行動する(もう悩まない)の3ステップで、理想の家計を手に入れましょう。
面談前に行うヒアリングは、無料で行っており面談は初回2時間で、5,000円という、価格でご提供しております。

※FP事務所HEARTおかやまでは、Zoomでの面談も承っております。

 

🌟FP事務所 HEARTおかやまの4つの特徴

🎵特徴1:あなたが最優先で、一緒に考えます

私たちの事務所は、常に話しやすい雰囲気で、わかりやすい説明を心がけています。
「こんなことまで、相談をしても大丈夫なの?」
大丈夫です。
不安な事や悩みがあれば何でも、私たちスタッフにご相談下さい。
また、お客様一人一人に対し、金融用語や法律用語などと言った、専門用語を一切、使わずに丁寧でわかりやすい説明を心がけています。
因みに、銀行・保険・証券会社っていうのは業者であって、ノルマと手数料が最優先なんです。
つまり、商品販売をして、その手数料で儲けることが目的であって、あなたのことを、最優先に考えているわけではないんです。
私たち、FP事務所HEARTおかやまは、全ての出発点が、あなたが最優先なのです。
ですから、あなたと、あなたのご家族の資産が、今よりも増えて、老後のお金に対する悩みが減っていくのか?という視点で、あなたと一緒に考えます。

🎵特徴2:どの金融機関にも属していない、独立系のファイナンシャルプランナー(FP)です

どの金融機関にも属していない、独立系のファイナンシャルプランナー(FP)だからこそ、住宅ローンや保険などの見直しなどは、販売者側の都合ではなく、利用者側の都合で、選択や設計をすることで、結果が大きく変わっていくんです。
また、中立公正な立場で、ありとあらゆる金融機関から、お客様にあった商品も選ぶことができます。

🎵特徴3:アフターフォローも、しっかりと対応をします

相談後の、「まだ解らないことがあるし、どうすれば良いの?」や、「こういう場合ってどうなるの?」などの、質問や様々なご相談にも、しっかりと私たち、FP事務所HEARTおかやまのスタッフが、責任をもって対応を致します。
ぜひ、この機会にお気軽に、私たちFP事務所HEARTおかやまへご連絡をください。

​​🎵特徴4:オンラインでの相談も可能です

FP事務所HEARTおかやまでは、Zoomといった、オンラインでの、ご相談も承っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

 

🌟ライフプランについてご相談下さい

住宅・教育・老後などの資金を改善します

住宅を購入したいのだけど生活は大丈夫だろうか?子どもを産んでも家計は大丈夫かな?といった疑問や心配ごとがあれば、ライフプランを作って私たちと対策を考えていきましょう。
あなたが叶えたい夢や希望、理想や憧れを実現する為には、資金面での計画も必要になってきます。
家計を助けるお得な情報も合わせてお伝えしながら、一緒に人生設計をしていきましょう。

​​🎵ライフプランで得られるメリット

🌻住宅の予算、住宅ローン返済の仕方がわかる

🌻教育費はいくら準備しておけばよいかわかる

🌻自分の性格にあった貯蓄方法

🌻節約方法がわかる

🌻お得な公的制度の活かし方がわかる

🌻90歳くらいまでのライフプランを作成できる

🌻将来の家計のキャッシュフローがつくれる

🎵次のような方は是非ご相談下さい

🌻毎日の家計のやりくりが大変
🌻貯金が出来ない
🌻お金のことで悩みがあるが、相談できる人が周りにいない
🌻このままの暮らし方で一生安心して生活していけるのか
🌻漠然とした生活の不安がある
ライフプラン相談は、キャッシュフロー表作成、住宅ローン相談、生命保険相談などを含む、家計全体を見直すプランです。

​​🎵家計管理のコツー毎日の家計簿ー

毎日の暮らしは、家計から始まると言っても過言ではないです。

家計管理が、しっかり出来れば、将来の不安はある程度解消できます。

家計の基本は家計簿を付けることです。

家計調査のように、細かく付ける必要は無いですが、一日に幾ら使ったのか解るようにしましょう。

ノートにレシートを貼るだけでも良いと思います。
但し、一日に使ったお金の合計は書いておきましょう。

一日一日が、やがて1ヶ月となります。

​🎵毎月のレビュー

月が替わったら、毎月の収入から支出を引いてみます。
収支トントンですか?
収入の方が多く貯金が出来ていますか?
それとも赤字になるので貯金から補填していますか?
自分の家計がどこに入るのかを知ることが大切です。

🎵1年の振り返り

次に月単位から年単位で見ると、どのパターンに入るのかを点検しましょう。
金銭の出入りはおおまかに年単位で抑えておくと、計画を立てるときに便利です。

🎵大切なこと

お金に関して大切なことは、お金で苦労しないように生活して行く事と、手元にあるお金でどれだけ人生を楽しむかだと思います。
それには自分がどのように生活していきたいのか。

どのような人生を生きたいのかが基本になります。

目的があるから家計を見直したいと思うのではないでしょうか。

​🎵家計はそれぞれ違う

家計管理は、1件、1件違います。

家庭によって、大切に思うことが違うからです。

いずれにしても早い機会に、自分の家計が、どのような状態になっているのかを把握することが必要になります。
収支トントンの家計っていうのは、支出を見直して、無駄な出費が無いのかをみます。

つまり、余裕資金を生み出すようにしましょう。
貯金ができている方も、支出を見直しして、無理の無い範囲で、余裕資金を生み出すようにしましょう。
赤字になる方は、まず、収支トントンになるように、出費を抑えることを考えましょう。

それが出来たら、余裕のある資金を生み出す努力をしましょう。

🎵ライフプラン相談でわかること

🌻効率的な教育・老後資金の準備方法
🌻幾ら位の家なら無理なく買えるのか?
🌻経済的な住宅ローンの選び方(新規・借り換え)
🌻無駄のない生命保険の選択方法
🌻将来の貯蓄残高の推移(シュミレーション)
将来の家計をシュミレーションすることで、家計のあらゆる問題を事前に対策することができます。
総合的に見直すことで、対策前と比べて家計が大きく改善し、将来への不安が解消されます。

​​🎵ライフプランの相談を受けた方の声

🌻渡邊様(岡山市北区 30代)
子供が生まれ、マイホームを検討するにあたって、生涯のキャッシュフローを踏まえた予算組をしようと考え、相談させて頂きました。
リスクや不安を可視化できたことで、心配だった部分を明確にすることができ、大変助かりました。

🌻中村様(津山市 40代)
住宅を購入するにあたり、ライフプランの相談をさせて頂きましたが、不安に思っていた部分がすっきりしました。
将来の不安も減り、気持ちよくお家が購入できそうで、とても感謝しています。

🌻佐野様(倉敷市 30代)
今までほとんど意識してこなかった、将来に向けてのトータルマネープランを立てて頂き、大変ためになり良かったです。
このプランを基に実行していきたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

🎵代表者よりのコメント

三大資金と言われる、住宅・教育・老後ですが、将来のお金をやみくもに心配するよりも、ライフイベントで見込まれる支出を、はっきりと意識しながら準備すると、心の負担が少なくなっていきます。
年老いた後で、お金が足りなくなってしまったなとならないためにも、早めにライフプランを立ててみることが大切です。
お金の知識は、自分自身を助けてくれます。
老後を迎えてからだと、改善をするのは難しいものがありますが、最初から知っていると、対策を打つことが可能です。
もしかしたら、離婚や夫に先立たれてしまったなど、おひとりで生活なさる方も、いらっしゃることでしょう。
子育てをする場合には、どのような公的な援助があるのか、また遺族年金はどのような仕組みになっているのかなど、様々な観点からライフプランを立てていきましょう。

​​🎵ご相談までの流れ

🌻STEP1:お問い合わせ

お電話、若しくは、上記のお問い合わせボタンをクリックして頂き、弊社メールアドレスまでご相談内容などをご連絡して頂きます。


🌻STEP2:面談日、スケジュール調整

お電話、若しくは、メールにて、ご都合の良い日時やご希望の場所をお伺い致します。

🌻STEP3:初回相談(相談時間90~120分)

弊社事務所または、ご希望の場所にてご相談を伺います。

伺った、ご相談内容から、問題点を把握し、現状分析を行います(キャッシュフロー表作成)。


🌻STEP4:ライフプラン診断、改善策のご提案など(2回目)(相談時間90分~120分)

前回のご相談、キャッシュフロー表に基づき、改善点などをアドバイス致します。

💎教育・老後資金の準備方法

💎住宅設計(新規・借り換え・繰り上げ返済など)

💎生命保険など各種保険

💎資産運用 など。


🌻STEP5:資料の郵送

相談時に基づいたプランニング資料、キャッシュフロー表、保険リストなどを郵送致します。

 

🌟リタイアメントプラン(老後の生活設計)についてご相談下さい

楽しく暮らせるための準備を考えましょう

今の時代は、先行きが不透明な時代であり、何歳の時に幾らあれば良いとの質問を頂くことが増えました。
ただ、一概に幾らとは言えませんが、総務省の家計調査によると、月々の支出は、およそ26万円だそうです。

夫婦の平均年金額は、22万円ですから、基本的に年金だけで生活ができない方が殆どです。
だから、できるだけ早い段階から備えていくことが大切なのです。

リタイアメントプラン(老後資金)について、どのような対策ができるのか私たちと一緒に考えていきましょう。

​​🎵リタイアメントプラン(老後の生活設計)で得られるメリット

🌻年金の仕組みを分かりやすく説明します
🌻生活費の見直しをして安定した老後の暮らしができる
🌻固定費の削減方法がわかる
🌻年金の繰上げと繰下げ、どちらがお得かわかる
🌻未来の家計簿、キャッシュフロー表をつくることで未来の収入と支出がわかる
🌻老後の生活で必要になる資金の目安がわかる
🌻年金の未納期間がわかり、穴埋めができる任意加入制度を使い、年金額が今よりアップする
🌻自営業の方も、節税しながら年金を増やす方法がわかる

🎵次のような方は是非ご相談下さい

🌻退職後もイキイキ暮らしたい方⇒生きがいについて
🌻老後資金が貯まらず心配な方⇒老後生活資金について
🌻年金がもらえるかどうか心配な方⇒年金について
🌻病気や介護状態になったらと不安な方⇒保険について
🌻残された妻や夫の生活は大丈夫かしらと思う方⇒生命保険、相続について

🎵リタイアメントプランの3大資金について

🌻退職金(会社員の方)
🌻年金
🌻貯蓄

💎退職金は幾らもらえるのかな。⇨人事担当部署で確認

💎年金はいつから幾らもらえるのかな。⇨自営業の場合は❓ 会社員の場合は❓

💎貯蓄はどうすればできるのかな。⇨個人年金や金融商品の活用

🎵自助努力の種類-不足分を補おうー

🌻個人年金に加入する

老後生活資金の中心になるのは、公的年金ですが、今後は、個人年金などの自助努力で退職後の収入を確保することも、大きなテーマになってきます。

誰もが利用できて、目的に応じた加入を選択できる商品として、個人年金があります。

また、生命保険の個人年金商品だと、所得税と住民税の、個人年金保険料控除が活用できる場合もあります。

💎資料:生命保険の個人年金商品

🌻国民年金基金や小規模企業共済の利用をする

例えば、自営業者などが加入する国民年金は、原則として老齢基礎年金しか受給できません。

そこで、上乗せ年金のための制度として、国民年金基金や小規模企業共済などがあります。

💎資料:国民年金基金

💎資料:小規模企業共済

🌻確定拠出型年金

個人ごとに、一定額の掛金を拠出して運用実績に応じた、年金額になるのが特徴で、自己責任型年金とも呼ばれています。

日本では、掛金の拠出方法によって企業型と個人型(愛称:iDeCo)の2つのタイプに分けられます。

​💎資料:確定拠出型年金

🎵リタイアメントプラン作成の流れ

🌻現状を知るために必要な情報
保険(生命保険、医療保険など)・収入・生活費・預貯金、住宅ローン、公的年金、退職金などの情報とSTEP1の情報も同様にお客様へヒアリングします。

💎STEP1:どんな生活を送りたいですか❓
※人生の前半は、自分で色々でき安定した暮らしができます。
楽しみは、趣味や旅行とボランティア活動などです。
人生の後半は、人の手を借りながら自宅や施設で暮らします。

💎STEP2:キャッシュフロー表の作成をします
💎STEP3:自分の生活を再認識します
💎STEP4:どうすれば良いのかを考えましょう
※資産運用や自宅のリフォーム、特養などの施設を探す。
遺言や相続対策をする。

🌷リタイアメントプランの作成は、FP事務所  HEARTおかやまに是非ご相談下さい。

🎵リタイアメントプランの相談を受けた方の声

🌻斎藤様(岡山市北区 50代)

子供が独立し、主人と2人暮らしになり、マイホームのリフォームなどを検討するにあたって、生涯のキャッシュフローを踏まえリタイア後に向け今から備えたいと思い、相談させて頂きました。

リスクや不安を可視化できたことで、心配だった部分を明確にすることができ、大変助かりました。


🌻荒島様(津山市 60代)

老後は夫婦で安定した暮らしがしたいと思い、リタイアメントプランの相談をさせて頂きましたが、不安に思っていた部分がすっきりしました。

老後の不安も減り、気持ちよく老後の生活ができそうで、とても感謝しています。

🌻藤井様(倉敷市 40代)

今まで、ほとんど意識をしてこなかった、老後に向けてのトータルマネープランを立てて頂き、大変ためになって良かったです。

このプランを基に、老後に備えるために実行していきたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

🎵代表者よりコメント

年金制度への不安から、年金についての知識はかなり深まっている一方、中高年からすると年金額は少なく感じる方も多いようです。
しかし、一生枯れない財布のありがたみは、実際に老後を迎えないとなかなか分かりません。
どんなに貯蓄があっても、いずれは底をついてしまいます。
年金は、一生受け取れる収入ですから、将来のためにパートの方であっても、できるだけお勤め先の社会保険に入って年金保険料を払うことをおすすめします。若いうちから意識して、ある程度計画を立てていくことで、過度な心配をしなくて済みます。
豊かで幸せな老後の生活をつくっていきましょう。

🎵ご相談までの流れ

🌻STEP1:お問い合わせ

お電話、若しくは、上記のお問い合わせボタンをクリックして頂き、弊社メールアドレスまでご相談内容などをご連絡して頂きます。


🌻STEP2:面談日、スケジュール調整

お電話、若しくは、メールにて、ご都合の良い日時やご希望の場所をお伺い致します。


🌻STEP3:初回相談(相談時間90~120分)

弊社事務所または、ご希望の場所にてご相談を伺います。

伺った、ご相談内容から、問題点を把握し、現状分析を行います(キャッシュフロー表作成)。


🌻STEP4:ライフプラン・リタイアメントプラン診断、改善策のご提案など(2回目)(相談時間90分~120分)

前回のご相談、キャッシュフロー表に基づき、改善点などをアドバイス致します。

💎教育資金

💎老後資金の準備方法

💎住宅(借り換え・繰り上げ返済など)

💎生命保険など各種保険の見直し

💎資産運用 など。


🌻STEP5:資料の郵送

相談時に基づいたプランニング資料、キャッシュフロー表、保険リストなどを郵送致します。

 

​🌟保険の見直しについてもご相談下さい

本当に必要な保険選びをサポートします(保険商品を売ることはありません)

日本人は保険に入りすぎている傾向にあります。
また、1世帯当たりの年間保険料は38.5万円です。

大げさに聞こえるかもしれませんが、保険は人生で2番目に高い買い物と言われています。
実際に、30年にわたって払い続けると軽く、1,150万円を超えてしまうのです。
いざというときの備えの保険で、家計を圧迫することがないように、保険の見直しをしましょう。

🎵保険の見直しで得られるメリット

🌻複雑な保険の仕組みが分かる
🌻掛け捨て型と貯蓄型の保険の違いが分かる
🌻足りない保険と、掛け過ぎな保険が分かる
🌻自分にとって本当に必要な保険の選び方が分かる
🌻自分にぴったりな保険商品を選べる
🌻不必要な保険料が少なくなり、貯蓄が増える
🌻ご希望に応じて、契約時には同行いたします

🎵次のような方は是非ご相談下さい

🌻毎月の保険料が高いと感じている方
🌻商品がありすぎてどれを選んでよいかわからない
🌻保険証券の内容が理解できない
🌻結婚した、子どもが生まれた、住宅を購入したが今の保険でよいのか?
🌻自分にピッタリの死亡保障額がわからない
当社の生命保険診断で、あなたの希望や状況に合った最適な見直しができます。
保険の見直しを考えている方、新規で保険にご加入を考えている方はご相談下さい。

🎵保険を加入する上での大切なポイント

加入の目的は何か❓

🌻家族を支える人の死亡保障

🌻家族の病気や怪我に備える医療・介護保障

🌻夫婦の老後の生活保障


保険料は多すぎないか❓

生命保険は、万が一のときの保障です。

毎月の保険料が高すぎで、家計が苦しくなるようでは本末転倒です。

死亡保障

💎POINT1:必要保証額は適正ですか❓ 

※必要補償額=万が一の時に必要なお金-準備されているお金です。


医療保障

💎PОINT1:保険期間と保険料払込期間を決める

※定期タイプなのか❓

※終身タイプなのか❓


💎POINT2:1入院あたり日数を決める​

💎POINT3:日額はいくら必要か❓​

💎POINT4:どんな特約が必要なのか❓

※生活習慣病入院特約、女性疾病入院特約、特定疾病保障特約、ガン特約、先進医療特約など

🎵生命保険相談でわかること

🌻健康保険制度や遺族年金などの仕組み
🌻あなたやご家族の必要な保証額
🌻負担の少ない生命保険の選び方
🌻各保険会社の保険料の比較
など、以上が解り、あなたに合った無駄のない生命保険を設計することができます。

🎵生命保険相談を受けた方の声

🌻池田様(岡山市南区 40代)
こちらの希望を取り入れたきめ細やかなサポートをして頂きました。
今まで不勉強なまま、保険に加入していたので色々相談し勉強になりました。
自分が生命保険で必要な額はどの位なのか、医療保険がどのくらい必要なのかが解り、またそれにあった保険を選択出来て大変助かりました。
ありがとうございました。

🌻難波様(岡山市北区 60代)
今まで、加入していた医療保険が、70歳までしか保証がないとは知りませんでした。
私たちにあった、保険に入ることができて満足しています。
内村さんに相談をして本当に良かったです。

🌻鈴木様(倉敷市 30代)
相談をして、現在の保険料以下で、保証は厚くできることが解りました。
現在の契約も直ぐに見直したいです。
また、私以外の家族の分も見直してもらい助かりました。
ありがとうございました。

​​🎵代表者よりコメント

生命保険の商品について、常に最新の情報を収集しています。

保険の見直しのポイントは、必要保障額を把握して充分な保障額を確保することです。
そして、子どもの独立後は保険から卒業することが何よりも大切です。
賢く保険を利用しつつ、リスクに備えていきましょう。
また、全てを保険でまかなうのではなく、知らないと損なのが公的制度です。
健康保険や公的年金からの、保障の上乗せとして、生命保険が必要なのかどうかを検討していきます。
家計の助けになり、不安の解消をしてくれる保険を見つけてみましょう。
そして、子どもが就職するなどの場合には、解約をすることも必要です。
実際に保険の加入が不安な場合には、窓口まで同行したり、ネット生保の加入方法などもお教え致します。

🎵ご相談までの流れ

🌻STEP1:お問い合わせ

お電話、若しくは、上記のお問い合わせボタンをクリックして頂き、弊社メールアドレスまでご相談内容などをご連絡して頂きます。


🌻STEP2:面談日、スケジュール調整

お電話、若しくは、メールにて、ご都合の良い日時や、ご希望の場所をお伺い致します。

🌻STEP3:ご相談

弊社事務所または、ご希望の場所にてご相談を致します。

伺った、ご相談内容から、問題点を把握し、現状分析を行って改善点などをアドバイス致します。

🌻STEP4:資料の郵送

相談時に基づいた保険リスト、各保険会社の設計資料などを郵送させて頂きます。

​保険の加入をご希望される場合は、お手続きのサポートも致します。

 

🌟住宅ローンについてもお気軽にご相談下さい

🎵次のような方は是非ご相談下さい。

🌻新たに借入をする際の、金額の目安を知りたい方
🌻住宅ローンの借り換えを考えている方
🌻どのようなタイプの商品を選べば良いかわからない方
🌻繰り上げ返済を、いつ幾らするのか迷っている方
住宅ローン相談で、負担の少ない住宅ローンを組むことができます。

🎵新たな住宅ローン借り入れの時に注意すること

返済可能なプランになっているのか確認をして下さい。

現在は、歴史的な低金利状態で借りるのには大変便利ですが、返済は長期間になることが多く、将来の収入や、他の支出の影響を、大きく受ける可能性があります。

今後の住宅ローンの、返済の目安を知るためにも、ご家族とも、十分にご相談の上、ご自身のライフプランをしっかりと立てて下さい。


💎毎月の返済額が、生活に影響を与えない範囲であること。

※目安は手取りの25%以下である。

💎完済時の年齢が想定する退職年齢か、それよりも前であること。

※もし、退職年齢よりも先の場合は、毎月や退職金での、繰り上げ返済が可能かどうかをよく吟味して下さい。

💎教育資金準備や老後資金準備のための貯蓄も同時にできる返済額であること。

住宅ローンの負担を減らすには、住宅購入時の頭金を増やし、住宅ローンの借入額を減らすことが第一です。

頭金の割合は、今後の返済期間にもよりますが、2割以上を目標にしましょう。

🎵住宅ローン借り換えの時に注意すること

🌻金利低下や今後の上昇見通しへの対応にかなっているのか。

🌻毎月の返済額を減額するのか、それとも返済期間を短縮するのか。

🌻手続きに要する期間(1.5~3カ月)や、諸費用を掛けてまでやるメリットがあるのか。

一般的に、次の3つの条件が揃う場合に借り換えのメリットがあると考えられています。

💎1つめ:借入残高が1,000万円以上

💎2つめ:残りの返済期間が10年以上

💎3つめ:借り換え前後の金利の差が1%以上

🎵住宅ローンの金利タイプ3種類

🌻変動金利型:年2回半年ごとに金利を見直す。

※金利が大きく変わっても、5年間は毎月の返済額は変更しない(5年ルール)金利上昇期には、金利負担の割合が上昇し、元本の返済が進まなくなるので、要注意です。


🌻固定金利期間選択型:当初一定期間(3年・5年・10年など)固定金利で、その後、改めて金利タイプを選ぶ。

🌻全期間固定金利型:借入期間はずっと固定。

🎵住宅ローン相談でわかること

🌻住宅ローンは変動金利❓それとも固定金利❓
🌻各銀行の諸費用や金利の比較
🌻効果的な繰り上げ返済の方法
🌻住宅ローンの借り換えについて 
🌻住宅ローン減税について
などのお悩みから、住宅ローンの諸費用や金利の違い、効果的な繰り上げ返済によって、住宅ローンの負担を、大幅に減らすことができるっていうことが明白にわかります。

🎵住宅ローン相談を受けた方の声

🌻野田様(岡山市中区 40代)
住宅ローンの借り換えをしたいとは思っていましたが、中々実行できませんでした。
今回、思い切って相談をして、現在どのような住宅ローン商品があって、どの商品を利用すれば現状より、どれだけ得をするかが具体的にわかり、どの住宅ローン商品に借り換えるかとても参考になりました。

🌻清水様(岡山市東区 30代)
色々なパターンのシュミレーションをして頂き、ありがとうございます。
特に金利が変わっていく場合のシュミレーションは、やっぱりプロでないと出来ませんね。
とても解りやすく役に立ちました。
また、住宅ローンに対する考え方も変わったように思えます。

🌻小池様(新見市 50代)
金利が下がっていることは解っていても、借り換えの方法やどの金融機関が良いのかなど悩んでいました。
自分なりに勉強をしましたが、余りよく解らず、プロの専門家に相談することにしました。
相談するのは初めてだったので不安な点もありましたが、とても解りやすく親切丁寧に教えて下さり助かりました。
また、何かの機会にはご相談をさせて下さい。
ありがとうございました。

🎵ご相談までの流れ

🌻STEP1:お問い合わせ

お電話、若しくは、上記のお問い合わせボタンをクリックして頂き、弊社メールアドレスまでご相談内容などをご連絡して頂きます。

🌻STEP2:面談日、スケジュール調整

お電話、若しくは、メールにてご都合の良い日時やご希望の場所をお伺い致します。


🌻STEP3:ご相談

弊社事務所または、ご希望の場所にてご相談を致します。

伺った、ご相談内容から、問題点を把握し、現状分析を行って改善点などをアドバイス致します。

💎住宅ローンの諸費用、金利などから経済的な銀行を選択(新規・借り換え・繰り上げ返済)

💎固定金利・変動金利・ミックス金利などの金利の選択

💎住宅ローン控除、住宅資金贈与の非課税枠などの制度について

💎効果的な繰り上げ返済(借り換え)のやり方 など。

🌻STEP4:資料の郵送

​相談時に基づいたプランニング資料・住宅ローンリスト・試算表等を郵送させて頂きます。

 

​🌟不動産運用についてもお気軽にご相談下さい

​​🎵不動産は負動産になるの❓

相続をした不動産や、使用していない土地などの不動産運用、または、不動産購入による投資など、不動産についてお悩みの方は、FP事務所  HEARTおかやまにご相談ください。
自社の儲けを優先する、不動産関連業者とは、全く異なるアプローチで、皆さまへ、最大限の満足を提供いたします。

1990年のバブル崩壊以前は、土地の価値は下がらないという土地神話があり、土地=資産でしたが、今では、不動産が負動産となり取り扱いに困っている方も少なくありません。
最近は、相続税の基礎控除の減額、路線価格の上昇、タワー型マンションや広大地の課税評価額見直し、空き家に対する、小規模宅地の特例除外など不動産に関連する、税負担増の可能性も拡大しています。
不動産は、一つ一つが異なっており、業者からの提案も様々であり、運用や投資においても、不明なことだらけで判断ができないのではないのでしょうか。

一方で、不動産は高額であり判断が間違うと、高い負動産となってしまいます。

​🎵次のような方は是非ご相談下さい

🌻空いている土地を賃貸アパートや駐車場として運用してみたいが採算性はあるのか

🌻相続財産の大半が不動産だが争いにならないようにするにはどうすればよいか判らない

🌻使用していない土地を売却したいが幾らで売れるか判らない

🌻将来のために投資用マンションを購入してみたいが損をしたくない

以上のような色々なお悩みに対して、FP事務所  HEARTおかやまでは、不動産の専門家である、不動産鑑定士や不動産税金に詳しい税理士等と連携がとれ、皆さま方の、不動産が絡む相続やライフプラン、税金などに関する幅広い相談を、ニュートラル(顧客本位)な立場に立って、下記のようなソリューションをご提案いたします。

🌻不動産に関する相続、贈与、売買、税金関連等のご提案

🌻不動産の調査および評価(価格や賃貸用不動産の賃料の査定等)

🌻不動産投資(賃貸用不動産、駐車場等)に対する採算性の試算等コンサルティング

先ずは、お電話やメールでお問い合わせください。

 

​​🌟貯蓄と資産運用について

​金融機関の目的は自社商品を販売することです。

​🎵資産運用の前に、貯蓄計画を立てましょう

貯める・使うを同時に考えることが貯蓄計画です。

住宅ローンや教育資金、老後資金など悩みが尽きない中で、貯蓄をすることまで頭が回らないかもしれません。
家計のやりくりだけでも大変なのに、貯蓄までとなると、中々モチベーションが上がらないのが、正直なところです。
なので、中々貯められない自分を責めてしまったりと、悪循環ですよね。
でも、お金は何れ使うために貯めるものなんです。
お金を、いつ何に使うのかという目的を持つと、楽しく貯蓄を続けることができるようになります。

🎵貯蓄計画で得られるメリット

🌻あなたに合った貯蓄の方法が分かる
🌻貯蓄を阻む家計のムダがみえてくる
🌻節税にもなる貯蓄方法が分かる
🌻どの商品を選んだら良いのか分かる
🌻iDeCoやNISAの違いと使い勝手が分かる
🌻楽しく貯蓄できるような工夫をお伝えします

​🎵代表者よりコメント

貯蓄が苦手で…という方もご安心してください。
必ず、あなたに合った貯蓄の方法があります。

そして、お金を貯めることも大切なんですが、お金をいつ何にいくら使うのか、どのくらい準備しておきたいのかなど、使う計画を立てることが大切です。
あなたが貯蓄をしたい目的は何ですか?
まずは、そのことから気持ちを聞かせてください。
節税になる貯蓄方法や家計の管理方法、そしてお金のお得な情報もあわせてアドバイスします。

​​🎵人的資本とは

みんなが、長生きする時代になりました。

これからは、100歳まで生きることを想定して、ライフプランを練る必要があります。

専業主婦やパート主婦である、ご夫婦の年金は、平均22万円です。

みなさんの、生活費はどのくらいですか?

22万円という金額は、今、年金を貰っている人の平均なので、きっと将来は、今よりもっと少なくなっていることでしょう。
生活費を確保するためには、自分が稼ぐ力を身につけることが大事です。

これが、人的資本と言われています。
つまり、自分の知識や専門分野、あるいは得意なことを資本として、なるべく長く収入得ることができれば、老後の不安を解消することができます。

老後に不安を感じてしまう理由は、将来どうなるかわからないから。

そして、お金が足りなくなるかもしれないからです。
不安を解消するためには、今、行動を起こすことが大切です。

🎵退職金の運用

金融機関の人に分散投資をすれば、リスクが軽減できると言われ、いろいろな商品を勧められたことはございますか❓
そして、分散投資とは何かをご存知ですか❓
リスク商品に投資をする場合、分散をすれば、リスクが軽減できるという考え方で、分散には、商品の分散、投資時期の分散、投資期間の分散の3種類があり、最も重要な要素は、投資時期を分散させることです。
金融機関は、商品の分散しか言わないで退職金の全てをポートフォリオに組み込もうとします。
金融機関が勧められるままに投資をしてしまい、大切な退職金を半分以下に減らした人が、最近続出しています。

🎵社会人が将来のために勉強するにはーリカレント教育についてー

現在のお仕事は、何をしていらっしゃいますか?

長く働き続ける為には、どのような知識を身につければ良いのでしょうか。
パート勤務の方であっても、学ぶべき事はたくさんあります。

ここ、2~3年、世界的に注目を浴びているのが、リカレント教育です。
リカレント教育とは、義務教育や大学などの教育を終えて、社会人になってからでも、年齢に関係なく、教育機関に戻って学ぶことをいいます。
平均寿命が延びている今、昔に得た知識では、現在にそぐわず、結局のところ、単純作業しかできません。
働くということは、自分の時間とお金を交換することでしたよね。
それなら、できるだけ高いお金と交換したいですよね?
例えば、日本女子大学のリカレント教育課程では、女性のための再就職支援プロブラムを実施しています。

様々なスキルを身につけることができて、その上、就職の面倒まで見てくれるプログラムです。
そんな余裕はないと、思うかもしれません。

しかし、長い目で見ると、最初に投資した金額は、直ぐに回収できるでしょう。
なぜなら、現在の受講料は、入学金を含めて33万3,000円です。
その他、筑波大学や西日本なら京都女子大学、大阪府立大学、福岡女学院大学などでもリカレント教育のプログラムが用意されています。

​🎵教育ローンを組むのなら

もし、お金に余裕がなければ、お金を借りなければなりません。

そんなとき、お金を借りるのなら、日本政策金融公庫の教育一般貸付を利用しましょう。
年収制限がありますが、金利が低い国の教育ローンなんです。

教育一般貸付は、子どもの教育費だけではなく、自分のためにも借りることができます。

​🎵FP事務所  HEARTおかやまの特徴

🌻お客様のご相談をじっくり伺い、お客様のニーズに合った運用方法をご一緒に考えます。
🌻その時代に合った運用商品や、投資時期をアドバイスし、決して無理なリスクを取ることはいたしません。
🌻金融機関と違い、商品を売ることが目的ではなく、お客様の財産を増やすことを目的としています。

🎵アフターフォロー

FP事務所  HEART おかやまの会員になれば、その後、ポートフォリオの組替のタイミングや時代の趨勢(すうせい)などをお知らせできます。

 

🌟あなたはこんなお悩みがありますか?​

🌟このような悩みをお持ちの方は、私たちへご相談ください

☑家計の収支を見直したい
☑家計簿をつけるのはいつも挫折する
☑教育費と住宅ローンが二重で負担だ
☑無駄遣いをしていないのに貯金が増えない
☑出産を機に毎月5万円の赤字だ
☑老後の資金作りに投資をするべき?
☑気が付けば毎月の保険料が8万円?
☑年金だけで大丈夫なの?
☑自宅を資産として活かせないの?
☑保険料や医療費を何とか抑えられないの?
☑資産運用って恐くないの?
というような悩みがあれば、迷わず、FP事務所HEARTおかやまへご相談下さい。

🌟人生100年時代、私たちの暮らしとお金はどう変わるの?

🎵①お金の貯め方が変わる

ゆとりのある老後の生活費は、令和元年度に生命保険文化センター『生活保障に関する調査』で発表された記事によりますと、平均で月額36.1万円です。


🎵②働き方や暮らし方が変わる

人生100年時代では、定年後も働き続けたり、学び直しの為の時間や教育費を確保したり、生活コストのかからない地域に移り住んだりと、総合的にライフプランを考える必要があります。

🎵③住まいのカタチや考え方が変わる⁉

住まいに関する計画も、人生100年時代を想定しなければならないです。

持家か賃貸に関わらず、住まいに関する費用は、今よりも大きくなると考えられます。

​ライフステージに合わせて、住み替えていくような、柔軟な発想も必要になります。

🌟『家計の見直し・資産運用は、私たちにお任せ下さい!

それは、あなたが生活をしていく上で必要な人生設計(ライフプラン)をもとに様々なマネープランを提案し、一緒になってあなたの夢や、目標の実現をサポートをする『家計のホームドクター®』のことです。

お一人お一人の顔が違うように、それぞれのライフスタイルや家族構成も異なります。

あなたの、価値観、ご家族、家計の収入や支出、資産状況などを踏まえ、ライフプランでの夢や、目標を達成するために課題を整理し、対策やアドバイスをし、実行支援をし見届けをする人です。

また、必要に応じて弁護士や税理士、司法書士などの専門家との、ネットワークを活かしてご相談を承ります。

※「家計のホームドクター®」は、NPO法人日本FP協会の登録商標です。

🌟独立系ファイナンシャルプランナー(FP)FP事務所HEART おかやまについて

私たち、「FP事務所HEART おかやま」は、どの金融機関にも属していないファイナンシャルプランナー(FP)です。
企業などの制約を一切受けず、的確なアドバイスができることを持ち味に、将来の「お金」にまつわる「不安」を解決できるよう、家計、金融商品、不動産、税金、ローンなどの、幅広い知識を駆使して様々なご提案を致します。
悩みがある方、相談したい方、質問がしたい方は、ファイナンシャルプランナー(FP)がいる、FP事務所 HEART おかやまへお気軽にご連絡ください。

​​🌟当事務所を選ぶメリット

当事務所は、様々な金融商品(投資信託・確定拠出年金等)に、精通してますので、お客様にとって、もっともメリットのある、ご提案を行います。
さらに、所長の内村は、ファイナンシャルプランナー(FP)業界歴6年ではありますが、家計(ライフプラン)や住宅・資産運用に強い、ファイナンシャルプランナー(FP)ですので、総合的な資産形成作りの金融アドバイザーとして、必ずお客様のお役に立てます。

 

🌟『家計の見直しは、お任せ下さい!』

​🌻資産運用・資産形成も相談承っております

🎵家計の見直しは「固定費」からです

支出には大きく分けて、固定費と変動費という2種類がある。
その2つのうち、優先的に見直すべきは、毎月決まって発生する固定費です。
固定費を、一旦、見直すことで、それ以降ずっと節約効果が得られます。

​​🎵家計の見直しで取り組むべき6つの固定費とは❓

家計の見直しで、まず、最初に取り組むべき固定費は、以下の6つです。

💎通信費
💎光熱費

💎保険料

💎住居費

💎自動車費

​💎教育費

それぞれどのように見直したら良いか、一つずつ見て行きましょう。

​​💎通信費

ここで言う通信費とは、スマホ代とインターネット代のことを指します。
スマホ代の見直しは、毎月の通信費を迎えるのに大きな効果が期待できます。
世帯で、複数のスマホを契約している場合は、契約台数分の節約ができるので、固定費の大幅なカットが可能なんです。
その為、最初に契約したときから、内容を変更していないとしたら、実際の使用状況と見合わないプランのまま、無駄な費用をかけてしまっているのかもしれないです。
2021年に3大キャリア(docomo,au, Softbank)から、月額3,000円以下という、格安の新プランが登場しています。
このキャリアで契約をしている人は、現在のプランを見直すだけでも大幅な節約が可能です。
自宅にインターネット回線を引いている場合、スマホとセットにすると安くなるセット割を適用できます。
まずは、現在、ご契約中の携帯会社から、お得なセット割引などが出ているかを確認してみると良いと思います。

​​💎光熱費

今の時代は電力会社・ガス会社を自由に選べる時代になりました。
電気とガスは、現在のプランを見直し、自分の家庭に合った契約先に変えることで、大きな節約に繋がります。

​💎保険料

保険に加入してから、一度も見直したことがない人は、一度プランの見直しをしてみることをおすすめします。
保険は、万が一に備えて加入するものですが、必要以上に手厚いプランに加入しているかもしれないです。
もし、複数の保険に加入している場合は、補償内容に重複がないか確認してみましょう。
事故が起きたとき、加入している2つの保険で補償対象となっていても、必ず、両方から保険金や共済金が出るというわけではありません。
保険に加入する方法は様々なんです。
気になる方は、FP事務所 HEARTおかやまへご連絡ください。

​​💎住居費

住宅費は支出の大半を占めるため、家賃を減らすことができれば、大きな節約となります。

一般的に、住宅費は給料の30%程度と言われますが、20%~25%に抑えることができれば、家計はかなり楽になるはずです。
例えば、毎月の給料が手取りで、40万の方の場合、家賃を12万円から8~10万円まで下げれば、月に2~4万円も節約できることになります。
給料40万円×30%=12万円

給料40万円×20~25%=8万円~10万円⇒月に2~4万円も節約が可能に
中には持ち家の方もいらっしゃると思いますので、賃貸とマイホームの場合に分けて、詳細をお伝えします。


賃貸の場合
現在、住まいが賃貸の場合は、引越しをして、家賃を下げることを検討しましょう。

月に、家賃を5,000円下げるだけで、年間6万円節約できます。

引越代は、かかりますが、長期で住む程、節約効果は高まります。
郊外に住む、友達や恋人と、一緒に住む、築年数の古い物件を選ぶといった工夫をして、今よりも家賃が低い物件を選ぶようにしましょう。
子どもがいる方は、小学校に通い出す前の、引っ越しをおすすめします。


マイホームの場合
マイホームのローンで支払っている方におすすめなのが、住宅ローンの繰り上げ返済です。

繰り上げ返済をすることで、ローンの元本が減るため、結果的に支払い利息を減らせます。
繰り上げ返済の方法は、大きく分けて以下の2種類です。


期間短縮型の繰り上げ返済
期間短縮型は、繰り上げ返済で元本が減った分、返済期間を短くする返済方法なんです。
毎月の返済金額を変えずに、支払い完了までの期間を短くすることを目的としていて、支払い期間が短くなる分、支払利息も軽減します。

返済額軽減型の繰り上げ返済よりも、トータルの返済利息を抑えられます。


返済額軽減型の繰り上げ返済
返済額軽減型は、繰り上げ返済で元本が減った分、毎月の返済額を少なくする返済方法なんです。
支払い完了までの期間は、繰り上げ返済前後で変わらないが、毎月の返済額が少なくなるため、毎月のキャッシュフローは楽になります。
期間短縮型・返済額軽減型いずれの場合も、繰り上げ返済をするためには、まとまった資金が必要なんですが、余裕がある方は、検討してみると良いと思います。

​​💎自動車費

日常的に車に乗っていなければ、車を手放すのも一つの手です。
駐車代や自動車保険、税金などを合わせると、維持費だけで普通自動車で年間55万円以上、軽自動車でも年間40万円以上かかります。
休日しか乗らない方は、カーシェアリングや、レンタカーの利用を検討してみて下さい。

​​​💎教育費

教育費は必要な出費ですが、高すぎると家計を圧迫してしまいます。
家計に占める教育費の上限目安を10%に留める意識をしましょう。

手取りのお金が40万円なら、最大4万円までの上限という具合です。
高額な進学塾などに通っているのなら、その塾代を見直しましょう。

低額で利用できるアプリや通信教育、オンライン教材などを試すなど、様々な方法を探ってみましょう。
ただし、その際は、子どもの性格や意見を考慮に入れることを忘れずにしましょう。

例えば、自主性があって、自分で学習を進められるタイプなのか、友達と一緒に塾に通うことで、モチベーションを保ているのかの、見極めを誤ると、勉強が続かなくなってしまうので、注意が必要です(子どもの気持ちを尊重しましょう)。

​​🎵家計の見直しにおすすめの方法

家計を見直すにあたり、おすすめの方法は、家計簿をつけること。

では、家計簿について説明を致します。

家計簿

家計簿をつけると、毎月の収支が明確になって、無駄な支出が把握できます。

家計簿は面倒に感じられますが、貯蓄の目的や目標を決めた上で、家計簿をつけ始めると継続しやすいです。
最近は、手書きタイプのもの以外に、スマホのアプリでも、手軽に家計簿をつけることができるので、自分に合ったものを選択してみると良いとおもいますよ。

​​🎵家計を見直して、家計にゆとりを生み出そう!

家計を見直す際に、まず、見直して欲しいところは、通信費・光熱費・保険料・住居費・自動車費・教育費などの固定費です。

固定費は、毎月のように支払う費用なので、一度見直しをすると、そこからずっと節約効果が続きます。

電気・ガス会社の切り替えは、WEBで完結できることも多くて、それほど、難しくはないです。

​まずは、光熱費から見直してみると良いと思います。

 

🌟FP事務所 HEARTおかやまのサービス

親子とソーシャルワーカー

🎵FP事務所 HEARTおかやまのサービス

①マネースクールの企画と運営
②ファイナンシャルプランニング業務
③将来の家計診断(キャッシュフロー表)の作成と課題並びに対策提案、教育、住宅、老後など人生の3大資金の状況をしることができます。
④住宅ローン診断
⑤相続対策
⑥保険の見直し

老夫婦

🎵各種コンサルティング内容

◉家計に関する相談
◉教育ローンに関する相談
◉ライフプランに関する相談
◉住宅ローンに関する相談
◉セカンドライフに向けての悩みに関する相談
◉保険に関する相談
◉年金に関する相談
◉資産運用についての相談
◉相続対策についての相談(必要に応じて弁護士や税理士、司法書士の専門家と連携します)
◉その他お金に関する相談

 

🌟家計(ライフプラン)に関する相談は、FP事務所HEARTおかやまへ、お任せ下さい!

🎵家計(ライフプラン)とは?

家計(ライフプラン)とは、文字通り「人生設計」のことを言います。

例えば、こんな悩みはありませんか?

子どもを大学まで行かせてあげたい。

マイホームを買いたい。

老後は趣味や旅行を楽しみたい。

など、ご自身やご家族だけの家計(ライフプラン)が、きっと皆さんにもあるはずです。

どのような家計(ライフプラン)でも、それを実現するには、お金と時間も、必要なモノの一つです。

特に、収入も中々増えず、将来の公的年金にも不安があるという現在では、将来に向かって対策をしないと、安心して老後が迎えられるとは限りません。

ご自身やご家族の家計(ライフプラン)を達成するために、効果的な家計(ライフプラン)の資金計画を行う必要性が増してきています。

人生の三大資金と言われる、住宅・教育・老後資金や保険・相続など、将来の家計(ライフプラン)を盛り込んで家計の収支をシュミレーションし、傾向をチェックすることで、家計の問題点を探し出します。

それらの、資金に対策を行うことにより、家計の収支状況が改善され、将来への不安がなくなり、安心して生活することができます。

人生の送り方は、人それぞれですが、ご自身やご家族の将来に合わせて、家計(ライフプラン)を考え、適切な資金計画を、立てる必要があります。

家計(ライフプラン)の、設計・管理・見直しなど、様々な、お金に関するお悩みは、FP事務所HEARTおかやまに、お気軽にご連絡下さい。

経験豊富なファイナンシャルプランナー(FP)が解りやすく、丁寧にお応え致します。
私たち、FP事務所HEARTおかやまと一緒に、目標に向けて頑張って行きましょう!

​​🎵最適なアドバイスの提供

ご相談の内容次第になりますが、弁護士や税理士、司法書士などといった、各種専門家との、幅広いネットワークを活かして、ご相談を承りますので、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

​お客様一人一人の価値観、ご家族に関することや、収入や支出などを踏まえた上で、最適なアドバイスを提案致します。

 
ありがとう_edited_edited_edited.jpg
 
HEARTおかやま

お申込みとお問い合せ先

🌟此方のページからでもご相談の受付けは可能です

家計についてのご相談や、マネースクールのお申込みの入力について、入力がうまくいかない場合は、下記の内容をご記入のうえ、お手数ではございますが、FP事務所HEART おかやまのアドレス先が、下記に記載がありますので、そちらからお申込み下さい。​

又、オンラインでのご相談なども受け付けております。


その際は、FP事務所HEART おかやまのアドレス先が下記に記載がありますので、そちらからお気軽にご連絡ください。​

​🌻電話受付時間 AM9:00~PM21:00

なお、携帯電話での対応も可能ですのお気軽にご連絡ください。

🌻​090-2804-6404

〒700-0901 岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル4F

086-800-1391

送信が完了しました。